ご質問

カテゴリ リモートアクセス / セキュアリモートアクセス / クライアント
質問 "Cisco AnyConnect"の強制バージョンアップの仕様について教えてください。
回答

Cisco AnyConnectの強制バージョンアップの仕様については以下の通りです。

  1. 下記OSでは、最新バージョンより3世代以前のバージョンをご利用の場合、強制バージョンアップが実行され、接続可能な一番古いバージョンに更新されます。
  2. 最新バージョン以前のバージョンをご利用の場合は、事前に最新バージョンへの手動バージョンアップを推奨しております。

  • 対象OS
    1. Windows
    2. Mac

  • 強制バージョンアップ例
    1. v4.6(最新バージョン)
    2. v4.5
    3. v4.4(接続可能な一番古いバージョン)
    4. v4.3(強制バージョンアップ対象)
    1. 上記例では、4番以前(v4.3以前)のバージョンが強制バージョンアップ対象となり、適用されるバージョンは3番(接続可能な一番古いバージョン)となります。
    2. なお、強制バージョンアップの実行タイミングは最新バージョンリリース後の初回接続時に実行されます。

  • ご利用中のバージョン確認方法
  • 「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」を起動後、ウィンドウ左下の「ⓘ」ボタンをクリックいただくことでご確認いただけます。

  • クライアントソフトウェア最新バージョンのダウンロード
  • マニュアル・ソフトウェア一覧 別ウィンドウで開きますより、お使いのOSの「VPNクライアントソフト」をダウンロードしてください。

  • 関連FAQ
    1. "Cisco AnyConnect"のバージョンアップ後にマネジメントツールおよびクライアントソフト上で再設定・変更は必要ですか。

    アンケート

    このFAQにより問題解決できましたか?

    管理番号

    ID 2502